BPGが見れない?JPGに代わる新しい画像フォーマット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラ最近になって急に見るようになったBPGという画像フォーマットに付いての紹介です。


スポンサーリンク

今までWeb上にある画像といえばJPGとPNGがほとんどでした。
しかし、ファイルサイズを半分以下にしつつ、
高画質のまま表示するBPGという形式が誕生したのです。

(BPG=Better Portable Graphicsの略)

普段インターネットをする時はGoogleのChrome(クローム)を使っているので
気が付かない時が多いのですが、OPERAのような対応していないブラウザだとBPG画像が表示されません。

またIE(インターネットエクスプローラー)も
古いままだとBPGを表示しませんので、最新のものに更新しておきましょう。

PCにダウンロードしてBPG画像を見るためにも、
現在ではHoneyviewのような専用のビューアーを用意しないといけません。

Windows標準のフォトビューアーでは開くことができないのです。

BPGを使うメリットとは?

・JPGと同じくらい画像が綺麗なのに容量が半分以下。
・「可逆圧縮」であるため、元の画像を劣化させない。
・JPGにありがちなブロックノイズが出ない。
・RGBだけでなくCMYKにも対応している。

可逆圧縮と言えば音楽ファイルのFLACやTAKという形式を思い出しますね。

保存している時はサイズが小さいのに、
再生する時には元のCDと同じ音質で聞けるのです。

最も普及しているmp3やAACは、非可逆圧縮なので
元のデータに戻すことができません。

そのため、ファイルサイズを軽くしようと思ったら
どうしても音質が犠牲になっていました。

同様にBPGも、確かに綺麗でサイズが軽いのですが、

画像を開く処理をするのはJPGよりも負荷が大きいですね。

Web上で最も普及していたgifがpngに代わられたのと同じように、
JPGも段々とBPGにスライドしていくのでしょうか・・?

今の時点ではJPGのままで十分という声が多いようです。

スポンサーリンク

>>Homeに戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする