ブルーマウンテンが飲めなくなる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルーマウンテン1コーヒー愛好家には悲しいお知らせ・・高級コーヒー豆であるブルーマウンテンが無くなりそうになっています。


スポンサーリンク

私も大好き、コーヒーはドリップして毎日飲んでるんだけどちょっとびっくりですね。

ブルーマウンテンとはジャマイカのブルーマウンテン山脈のふもと標高1200メートル近くの

とても限られた場所で栽培される銘柄です。

この地域ではブルーマウンテンともうひとつ、ハイマウンテンという銘柄が栽培されています。

そして今、この両方の銘柄が市場から消えそうになっているんです。
すでに喫茶店や、コーヒー専門店でも扱っていないところ増えてきています。

2ブルーマウンテン
なぜプルーマウンテンや、ハイマウンテンが市場から消えているのでしょうか?

その理由は、生産量が激減してぃるからです。生産量が激減した原因は、

2012年10月にこの地方をハリケーン サンディが襲ったことにあります。

当時、現地のコーヒーの木の多くが倒れる被害を受けました。

さらに2013年、強い伝染力をもつ「さび病」の流行が被害に追い討ちをかけました。

さび病とは植物がかかる病気で、葉っぱの光合成機能を奪い2~3年で枯らしてしまう恐ろしい伝染病です。

現地では現在、幼木を植えるなどの「再生」を進めているものの、

コーヒーの実が収穫できるようになるまでは3~4年はかかるのが普通なので時間がかかります。

ほぼゼロからコーヒー農園を設立する状態になってしまい、現地ではコーヒー栽培をあきらめる農園が数多くあるのです。

スポンサーリンク

>>Homeに戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする